>>>自己紹介ページはこちらです<<<

子供の作品に対する親の気持ちと本人の気持ち

和室押し入れの上にある天袋の整理をしています。

入っているものは100%子供のもの。生まれてから小学校卒業くらいまでのものがとりあえずつっこまれている場所です。

保育園時代に書いた絵なんかもそのまま残っているので、相当な絞り込みをしないといけないのですがとにかく迷います。

何の絵が描いてあるのかわからないような落書きみたいなものでも、2歳とか3歳だった頃の我が子がそこにいるようでとても捨てがたいのです。

そんな感じで、大量の作品を前に途方に暮れていたところ子供がやってきて、

「あーこの絵、描きたくもないのに無理やりかかされたやつ!」「あのときの担任はクソだった」

とか当時のうらみつらみを言いだして・・・。

保育園や学校で製作したものは、ほとんどがやらされたものだから本人的にはさほど思い入れはないようだし、むしろそういう嫌なことを思い出すような作品なら存在しないほうがマシだと思いました。

私がこんなに迷うのは無駄なことなのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
片付け
るるるをフォローする
自分の軸がどっかいっちゃったアラフィフ主婦がこれからについて考えるブログ
タイトルとURLをコピーしました